最新商標

【AIサプライチェーンなら熟練検品が短時間でできてクレームも激減できる】

[AIサプライチェーンの考え方]

今回の新規商標は、話題のAIシステム。




・熟練検品員は品質管理の要

従来の生産現場では出荷時の最終検品は熟練検品員が目視で行っていました。検品員の能力が工場の品質管理の要になっていたのです。

熟練検品員の養成には非常に時間がかかります。AIサプライチェーン構想では株式会社アドダイスhttps://www.ad-dice.com/ai-supply-chain_horus-ai/)が開発した画像検査専用AI、『HORUS AI(ホルスAI)』が熟練検品員として働きます。

 

・出荷検品と入荷検品の判定のずれがなくなる

出荷側と入荷側の品質基準は同じでなければなりません。同じ基準に適合しているのかを双方の熟練検品員が確認します。

ところが、ここにずれが生じることでクレームが発生します。

AIサプライチェーン構想では入出荷双方で同一に設定された『HORUS AI(ホルスAI)』が検品します。同じAI検品員が同じ基準で検品するのですから検品にずれが出ません。




・AIサプライチェーン構想ならクレーム返品が激減できる

検品クレームによる返品は入荷側にも出荷側にも経費労力両面の無駄遣いです。

しかも、場合によっては、そのあとの生産スケジュールを狂わせることにもなりかねません。

AIサプライチェーン構想ではこの無駄遣いを大きく削減できます。

・AIサプライチェーンで品質が均一化できる

検品を均一化することは製品の品質を均一化し向上させます。

しかも、検品にかかる時間を短縮できます。