最新商標

ママ応援シェアハウスなら安くて安全でしかも寂しくない!

ママ応援シェアハウス

[一般的な賃貸との違い]

今回は子育てママ向けシェアハウスを紹介します。感覚的には、シングルマザー向けなのかな?




・シェアハウスなら一人じゃない

シェアハウスではトイレや浴室、キッチン、リビングが共有部分になります。

子供たちには大家族で過ごすようなに賑やかな生活を体験させることができます。

また集団の中でルールを守りながら暮らすことも覚えます。

一方で個室にはベッドや机が完備していてプライバシーも守れます。

特にゴールドトラスト株式会社(https://mama-share.com/)が運営するママ応援シェアハウスは子育て中のママの支援に特化したシェアハウスです。




・シェアハウスなら生活費を安く抑えることができる

シェアハウスではキッチンや浴室など光熱費が多くかかる部分が共用になっています。

テレビや洗濯なども同じです。

そのため光熱費を個別に負担する必要がありません。

また一般の賃貸のように共益費の負担もありません。

入居のときの敷金や礼金もかかりません。

また、基本的な家具や家電もついているので新生活を始めるときの初期費用が格段に安く済みます。




・ママ応援シェアハウスなら土曜は食事がついてくる?

何かと忙しいママたちのために土曜日の夕食には宅配の食事があります。

個室でこどもと水入らずで食べるもよし、共有ダイニングでほかの住人と話しながら食べるもよし。

ママとこどものくつろぎを提供します。

・月二回、ママにも自由時間が作れます。

ママだって、たまには一人で過ごしたいときがあります。

用事を済ませたいときもあります。そんなときのために、月2回第2・第4土曜日17時~21時にはこども見守りサービスがあります。




・防犯体制も整備

ママと子供の生活では防犯面での不安も多いものです。

ママ応援シェアハウスならICカード対応・オートロック、防犯カメラでセキュリティーも万全です。

・共有部分には清掃サービス

忙しいママのためにキッチン、ダイニング、浴室などの共有部分には週一回の清掃サービスがあります。




・快適生活のための設備

無料Wifiやゆっくり過ごせる畳コーナー、乾燥機付き洗濯機など快適に過ごすための設備も完備しています。

圧巻は30人が過ごせるリビング(大型テレビ設置)とキッチンです。

子供たちは共有部分で過ごすことができるので一人ぼっちで過ごす時間が減ります。